弘前ぐらし 弘前移住情報サイト

青森県弘前市の移住応援サイト「弘前ぐらし」は移住やUIJターンの情報を発信しています。仕事探しのための求人や転職情報、補助金等の支援、暮らしのための医療、福祉、住宅や空き家情報、移住イベント情報、就農や起業までサポート。有楽町の東京事務所でも相談受付中。

writer市民ライター

弘前市の魅力を伝えよう!という思いから弘前のローカルな情報を発信してくれるのが弘前市民ライター。
市民の皆様が知っている地域住民の生活や日常、または市に移住されてきた方ならではの気づきや発見などを、 市に「住んでみたい」「住み続けたい」と思ってもらえるような魅力を言葉にし、弘前から世界へ情報を発信します。

毛利京平

東京からIターンして2020.4.7弘前市代官町で薪釜のピッツァと自家焙煎スペシャルティコーヒーのお店をオープン。コロナ禍を切り抜ける日々をインスタグラムでも発信し続ける。

毛利京平の最新の記事

毛利京平の記事がまだありません

鈴木志穂

静岡県出身、弘前大学人文社会科学部所属。2年生。恩師から「真面目な生徒が報われる学校だから」と弘前大学を薦められ、高校卒業後に来青。大学では日本文学を中心に学んでいる。県外出身の学生から見た弘前の魅力を、自分の言葉で発信できたら。20代の目標はこの150字を容易く埋められるよう多くの経験を積むこと。

鈴木志穂の最新の記事

鈴木志穂の記事がまだありません

五十嵐吉美

思い出すのも嫌なのは、あの満員電車。埼玉県から3人の子育てをしながら東京に通勤した日々。退職後、夫の郷里・弘前に2012年に移住。「よ~ぐ来たねぇ」と驚かれ、それが不思議だった。最初は自転車であちこちフィールドワーク。こちらの人より弘前のことを知っていると言われるまでに…。
いざ、弘前のレポーターに!

五十嵐吉美の最新の記事

五十嵐吉美の記事がまだありません

葛西麻衣子

弘前生まれ弘前育ち。本業の傍ら、2014年からWebコンテンツ制作に携わる。ライター、編集、ディレクターなどを経て、地元の役に立ちたいと弘前ぐらし市民編集部ライターに参加。もうすぐ二児の母ちゃんになる経験を活かして、弘前での子育ての魅力を発信します!

葛西麻衣子の最新の記事

葛西麻衣子の記事がまだありません

青木わかな

1996年八戸生まれ、弘前育ち。高校卒業まで弘前で過ごす。
進学を機に北海道・札幌で4年半ほど生活したのち、2019年秋にUターン。
暮らしに根ざした文化、物語、猫、きらきらしたものを愛でる。
趣味は珈琲とカメラ。

青木わかなの最新の記事

青木わかなの記事がまだありません

大湯朋恵

神奈川出身、1998年弘前のりんご農家に嫁ぎ、移住。現在は3人の母。
りんごを栽培しながら、インターネットでりんごを全国に販売。
弘前の特産のりんごを通じて、弘前の魅力を伝えていきたい。

大湯朋恵の最新の記事

大湯朋恵の記事がまだありません

中西富恵

北海道生まれ・北海道(滝上町・旭川市・札幌市)育ち、弘前暮らし2年目。弘前の歴史・自然・食べもの・言葉など、弘前の魅力にハマっているアラ還の主婦です。北海道にいた頃から手話通訳活動をしており、弘前でも手話の仲間と出会い楽しく交流しています。

中西富恵の最新の記事

中西富恵の記事を見る(1)

木村英丸

趣味写真から趣味動画も加わり、ライターとしてデビュー(予定)、どこまでやれるか自信は無いが、紹介したいことは山程あります。
私は無形民俗文化財を通して、移住者・後継者探しに繋げたいと思うのですが。
今回は、「津軽神楽」「獅子舞・獅子踊」を中心に紹介します。

木村英丸の最新の記事

木村英丸の記事がまだありません

熊谷春美

山形県生まれ。大学進学を機に弘前市へ。その後縁あって弘前市民となる。
子どもたちが独立したので、日々面白そうなことを探している。
趣味は?と問われれば「読書」と答えることにしているが、その範囲は、街中に置いてあるイベントのチラシまでと広い。

熊谷春美の最新の記事

熊谷春美の記事がまだありません

堀口成

埼玉出身の普通のアラフィフサラリーマン。今まで生活したのは仙台、福岡、広島、大阪、東京、人口1,000人余の群馬県上野村。
青森市に転勤が決まったのに、妻と息子2人の強い希望で弘前に住み始め丸9年。家族の弘前愛は治まらず3年前マイホーム購入。
都会から僻地まで渡り歩き「弘前がちょうど良い」を発信します!

堀口成の最新の記事

堀口成の記事がまだありません

お問い合わせ窓口

メールでお気軽にお問合せください

市民ライターについての感想などは下記からお問い合わせください。