弘前ぐらし 弘前移住情報サイト

青森県弘前市の移住応援サイト「弘前ぐらし」は移住やUIJターンの情報を発信しています。仕事探しのための求人や転職情報、補助金等の支援、暮らしのための医療、福祉、住宅や空き家情報、移住イベント情報、就農や起業までサポート。有楽町の東京事務所でも相談受付中。

voice移住者の声

外から来た人を温かく受け入れ、巻き込んでくれる弘前

弘前ぐらし 移住者インタビュー 辻正太さん
Profile

辻正太さん(つじ しょうた)奈良県吉野町出身

移住年
2016年07月
職業
会社員

11年間、体育教師生活を経て、東京のコンサルティング会社へ転職。現在は弘前市でコラーニングスペースHLSを設立しリモートワーク生活中。
Heart Lighting Station弘前(HLS弘前)

岩木山と弘前城を満喫しながら、ワクワクするお仕事を

18歳で桜の名所、奈良県吉野を離れ、東京に進学しました。卒業後11年間、埼玉で体育教師として熱い毎日を送りましたが、一方で、学校の中で子供たちを育てきることの限界を感じていました。転職相談で「奈良には帰りたくないのか」と聞かれたとき、自然と「奈良よりは青森ですかね」という言葉が出ていました(笑)。いつも授業で平均寿命の話題を取り扱っていて、妻の故郷、青森が気になっていたからでしょうか。半年後、東京に本社をおくコンサルティング会社に転職して、リモートワークの準備を進め、2016年7月に弘前に移住しました。

弘前にはほぼ知り合いがいない状態で移住してきたので、縁あって繋がった人に「どなたに会うといいですか?」と聞き、ひたすら会い続けました。今、弘前で何が求められているのかを皆さんからお聞きしました。地域を巻き込んだイベントを企画して、実際に動かそうとすると、一気に人が引いてしまったりして、大変な思いもしましたが、基本的には、外からやってきた自分を、本当に温かく迎え入れてくださり、新たなご縁を繋いでくださいました。毎日、岩木山と弘前城を満喫しながら、ワクワクするお仕事をさせていただいております。

弘前へⅠターンした 辻正太さん

地域や世代を超えて、多様な人々が学び合い、未来を切り拓くことのできる場所に

弘前に移住してから「まちづくり」とか「まちそだて」という言葉を耳にする機会が増えました。行政の方々だけでなく、一般の市民も、自分の住んでいる「まち」や「ひと」に関わろうという意識を持っておられるように感じます。私のようにⅠターンでやってきた人間にも、ちゃんと興味を持って下さり、色々巻き込んでくださいます(笑)。移住者交流会なども開いてくださるので、安心してコミュニティに参加できると思います。

今は、HLS弘前を起点に、県内外の多様な人々がつながり、新たなコミュニティが生まれ始めています。あるイベントで徳島県からお呼びした講師のもとに、弘前の学生が飛び込んで5週間インターンをしたり、気仙沼出身の学生がHLSでの出会いをきっかけに、翌日には地元に帰って、地域活性のイベント運営に携わったり、「地域×教育」というキーワードに反応するメンバーが集まって、週1回の朝活をはじめたり。

これからもHLS弘前が、地域や世代を超えて、多様な人々が学び合い、未来を切り拓くことのできる場所になっていけば幸いです。都会よりもちょっと人間関係の濃いコミュニティの中で、一人一人の特徴や良さをお互いに引き立てながら、ともに新しい生き方を模索し、笑顔の溢れる弘前ライフを送りたいと思います。

HLS弘前
HLS弘前での交流会の様子